MEMEの日々のことども

余生の日々を何で埋めていくか・・。 それが今の一番の関心ごと・・・。 願わくば「わくわくする」ことを拾って日々を埋めていきたい。 「HP素材を作成提供する」(素材の小路)、「舞台ドレスを製作すること」(ドレスの小路)、「デッサンの実力を極めていきたい」(MEMEのベランダ)、「電子書籍の発表」(MEMEの車中ウォッチング・パブー)などなど、まだまだやりたいことが山積! 80歳からの余生を如何に色濃く生きられるか・・が自分に課した課題。 それにはまず、体調を保持していかなくては・・と願っている。

法事で新潟へ!


広島の中山さまからのプレゼントを母の仏前に・・・。



ーーーーーーーーー

  • 今朝早くの新幹線で、新潟へ・・・!

日帰りで、母の一周忌の法要に出席。
兄弟姉妹、全員が無事に出席出来る幸せをしみじみ感じながらの一日。
総勢「7人」の母の子供達・・・、最高81歳、下が64歳まで、全員揃って一周忌が営めたことは、なんと恵まれたことだろう。
それぞれの連れ合いも、長姉の夫が二年前に88歳で亡くなった他は、これまた全員揃って元気で法事に出席し、やさしくパートナーをかばってくれている図には、ただただ感謝。
この現在の有り難い日常は、やっぱり母の力あったればこそ。
こんな全員集合の和気藹々の会合が何時まで出来るだろうか・・?と思うと、今日の日の幸せをしっかりと胸に畳んでおこう。
それに、兄夫妻一家のご尽力に、感謝!感謝!  m(__)m
お坊様のお話も、とても面白かったので、後日書いてみよう。
ちなみに、今日は父の30年目の命日。
マイクロバスでお墓参りに出かけようとすると、あられがばしばし降ってきて、さすが新潟!と思っていたら、なんと、丁度お墓に着いたとたんに青空が広がり、穏やかな日差しが降り注いで、気持ちよく墓前のお経も済み、さて帰宅・・とマイクロバスに乗り込んだとたんにまたぱらぱらとあられが横殴り・・・。
これはもう、一緒のお墓に入っている二人の心かもね・・と、みんなの異口同音の感想。


  • 広島の中山さまからの素晴らしいプレゼント、「けいの部屋」の冊子を、やっと母の仏前に供えることが出来た。

法事に集まった人たちに順に見てもらい、皆の感動と一緒に母に供えた。
本当に、これほど心温まる幸せは無いだろう。
ただただありがたく、うれしいことだった。


  • 帰りに、次回の新潟での個展の打ち合わせに「新潟県民会館」に立ち寄って、具体的にギャラリーを見せていただいたり、日にちの調整をしたりしてきた。

いよいよ本格的に「突入!」だ。 頑張ろう。


  • 日帰りの新幹線で上野に着いたあたりから、留守にしてきた「ルリ」ちゃんの顔が頭にちらほら・・・。

お二階さんによると、やっぱりさみしそうに鳴いたそうだ。
で・・・、二階でコーギーちゃんと遊んだり、いろいろお世話になったようだ。
甘えんぼルリちゃん・・・! (>_<)