MEMEの日々のことども

余生の日々を何で埋めていくか・・。 それが今の一番の関心ごと・・・。 願わくば「わくわくする」ことを拾って日々を埋めていきたい。 「HP素材を作成提供する」(素材の小路)、「舞台ドレスを製作すること」(ドレスの小路)、「デッサンの実力を極めていきたい」(MEMEのベランダ)、「電子書籍の発表」(MEMEの車中ウォッチング・パブー)などなど、まだまだやりたいことが山積! 80歳からの余生を如何に色濃く生きられるか・・が自分に課した課題。 それにはまず、体調を保持していかなくては・・と願っている。

書きたいことが一杯なのに・・・。

何だか時間が取れない・・・。
齢とともに要領が悪くなっているようだ・・・。

75歳までは、毎日この「ことども」を書いてから寝る!という習慣だったけど、
ドレスの方の「引退宣言」をしたと同時に、何だか全てのことが「ぐずぐず」になったようで、(敢えて自分がそんな時間を作ったのかもしれないけど)、その延長でなかなか元に戻らない・・・。(≧▽≦)

ま、そういう時があってもいいよね・・・! ( *´艸`)

などと、グズグズな自分を許している最近事情。


★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、NHKの「プロフェッショナル」を見終わった。

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2017-02-13&ch=21&eid=12397&f=284

泣けた・・!

★★★★★★★★★★★★

今回は特別企画!伝説の名馬・オグリキャップが主人公だ。「ブラッドスポーツ」といわれ、血統が重視される競馬の世界。“二流”だったオグリキャップは、次々とエリート馬たちを倒し、有馬記念などG1レースを4勝。名実ともに、サラブレッドの頂点に上り詰めた。なぜオグリキャップは、血統や生まれ育った環境などの“格差”を乗り越えて活躍できたのか。今回、調教師や騎手、馬主など徹底取材。「名馬の流儀」に迫る。

★★★★★★★★★★★★

競馬や馬には全然縁が無い私だけど、あの「目」を見ているだけで意味もなく涙が出てくる。
全力でタテガミを靡かせて走る姿をテレビで見るだけで、我が子の初めての運動会の応援のような感動が沸き上がってくる。

    
  
    

多分、「全身全霊」の姿勢に感動するのだと思う。

「素材の小路」で提供している、MEMEの馬たち  ↑ です。
そんな気持ちを込めて描いたもの達です。





.