MEMEの日々のことども

日々の星屑を拾って書き残そう・・、そんな80歳。

素晴らしいコンサート

今日は、池袋の芸術劇場の「フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団特別演奏会 」にご招待頂き、マチネーのコンサートを存分に楽しませていただいた。
しかも、特等席で!!  (@_@;)  

http://www.peo.jp/concert.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【指揮】矢崎彦太郎
【出演】ピアノ独奏:根津理恵子 (第15回ショパン国際ピアノコンクール ファイナリスト)
    オルガン:松居直美
【曲目】プーランク/ バレエ組曲「牝鹿」
    ショパン/ ピアノ協奏曲第1番ホ短調 作品11(ピアノ:根津理恵子)
    サン=サーンス/ 交響曲第3番ハ短調 作品78「オルガン付き」(オルガン:松居直美)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回もピアノソロを演奏された根津理恵子さんのドレスを担当させて頂いたので、大舞台を前にしてちょっとどきどき。
さすがショパンコンクールの本選でオーケストラとの共演を堂々とこなしただけあって、満員の会場を唸らせるような演奏を聞かせて下さった。
しかも、オーケストラのメンバーの中に、なんと!彼女のお父上さま(N饗ヴァイオリニストOB 根津昭義氏)も賛助出演とあって、まさに息の合った素晴らしい至福の時を醸し出してくださった。
ドレスも舞台に映えて、感動!!
それに、東京芸術劇場の大ホールに聳えるパイプオルガンの演奏付きの「サン=サーンス交響曲第三番ハ短調作品78」もあり、地鳴りがするかと思えるパイプオルガンの音色の威力に心震えたのも素晴らしい経験だった。
http://almighty-music.4mg.com/tokyo_metro.htm