MEMEの日々のことども

日々の星屑を拾って書き残そう・・、そんな80歳。

赤福

出張から帰宅した息子のお土産・・・!

 

ひさしぶり~~~!

赤福」だ~い好き!

f:id:retoto:20180626230710j:plain

今日は二個食べて、あとは明日のお楽しみ~・・・!

と思決心したのに、食卓の傍を通りかかるとつい足を止め、未練がましく蓋を開けて、端っこをちょびっとヘラですくって食べてしまう私。

あ~~~、たまんない!

 

 -------------------------------

 

ところで、「赤福」というと、必ず思いだす風景がある。

もう、10年も前の話だけれど、余りにも「おばか」な話で面白いから、もう一度コピペして載せてみよう・・・。  ( *´艸`)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 赤福」といえば我が家の大好物で、その方面に出張や旅行をすれば、必ずお土産として買ってくるものと決まっていた。
  • ーーー
  • 思えば去年(2008年)の8月のこと。

京都での甥の結婚式に出席の為、日帰りで出かけた家人と私。
(そう・・・・その時のことです・・、  思い出した方、噴出さないで下さいね)
http://d.hatena.ne.jp/retoto/20070828

 

お式でのハプニングの「靴びろろん」を乗り越えて、やっと人心地がついた帰途、一刻も早く帰りたい心境の二人がやったこと・・・!

 
上の8月28日に引き続き、「第三弾!!」として書くつもりだったが、あまりのバカさ加減に書くのを躊躇していたら、  わ! 「赤福」の不正事件発覚!
ますます恥ずかしくなって、書くに書けなくなってしまった・・・! (+_+)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 急ぎ、東京へ向かう列車に乗り込もう・・と京都駅に着くと、乗車を促すベル(?)が鳴っていた。

別のホームには「のぞみ」らしき列車を待つ人の行列がずら〜〜〜っと長く伸びているのを尻目に、誘われるようにベルが鳴っている列車に乗り込んだ私達。
京都までの往路の電車時刻表はちゃん検索して計算通りにやって来たものの、帰りは何時になるか判らないので、出たとこ勝負で帰ろうね・・ということで、途中までは座っていけそうな先発の新幹線で・・・となった次第。
旅慣れない悲しさ、というか、バカちんというか、「のぞみ」ではないことは判っていたが、この新幹線もどこかで「のぞみ」と接続するだろうから、乗り換えればいいさ・・・ねっ! と・・・。

途中乗り換えまでは 座れるもんねぇ〜〜〜!  と・・・。


それが、と〜〜んでもない事になるとは・・。

  • 京都を過ぎ、米原に止まり(ここは家人の叔母が住んでいた懐かしいところ)、岐阜羽島に止まり(弟嫁の出身地ダァ!!(^_-)-☆)と、知っている駅名にうきうき。

さて、その次は「名古屋」!!
名古屋といえば「赤福」でしょうが!!! きゃっ!きゃっ!

 !(^^)!  !(^^)!


絶対期待して待っているであろうお二階サン(息子一家)達の顔を思い浮かべて、決死の覚悟で家人がホームに飛び出す。赤福を買いに! 


「もし間に合わないようだったら、別の車両に飛び乗ってね!」と、私も身を乗り出しての決死の掛け声!


しばしの後、発車間際に飛び込んできた我が家人の勇姿!!  
手は勝利の「V」字!  戦果3個(我々用・二階の長男一家用・近くの次男一家用)が入ったビニール袋をシャカシャカさせて、にこにこ左右に揺れ、通路にぶつかり乍らも私の元に戻って来た! !(^^)!
やった! 買えた!  ようこそご無事でお帰りなさいませ・・・。m(__)m

 

ーーーーーー

  • そこまでは二人とも幸せだった・・・・・・・・・・・。  (-_-;)

さて、大事な事(名古屋で「のぞみ」に乗り換える事)を忘れていたのに気付いたのは、三河安城豊橋・浜松・掛川と進み、静岡まで来た頃だった。


つまり、行けども行けども乗り換え駅が無いのだ・・・・・・・・・・。 (-_-;)
よくよく考えたら、往路も「東京 ・品川・ 新横浜 ・名古屋 ・京都 」だったのだから、新横浜までは乗り換え駅がないのだぁぁぁ・・・・・・・・・・。(-_-;)

 

大事な乗り換え駅⇒「名古屋」なのに、「赤福」獲得の為に奮闘していた私達!

 

  • そこで、新富士・三島・熱海・小田原・・・と、延々と止まりながら走るこの列車に揺られ、だんだん口数が少なくなってくる二人・・・・・・・・・・・・。(-_-;)

そして、新横浜にたどり着いた頃には「もう、ここまで来たのだから東京まで乗って行こうよ」と、結局、隠居様のように悟り済ました心境になってしまったふたり。

  • ・・・・・で、結局、何時間の「損」をしたのかも計算したくないほど疲れ切った顔で東京駅に降り立ったのであった!!!!!!
  • そんな   「赤福」!   (−−〆)  

 

でも、憎めない・・・! 愛してる!  ( *´艸`)