MEMEの日々のことども

日々の星屑を拾って書き残そう・・、そんな82 歳。  HP「素材の小路」「MEMEのベランダ」(裸婦デッサン等)「MEMEの便箋」「ドレスの小路」「けいの部屋」など。

スマホが・・・!

昨日、スマホから「LINE」のアイコンが消えた!!

すわ!一大事!と、なんだかんだと弄っていたら、益々おかしなことになっしまい、私では解決不能になったと判断、息子にSOS!

 

結局、私が一人で何とかしようとして、アイコンが消えたことから判断してインストールをし直したことが原因だったようで、その原因(重複?)を見つけ出すのに結構手間取ったけれど、ちゃんと復元してくれた!

 

息子よ! 君は偉い!!  !(^^)!

だけど、例によって「海老」&「鯛」は夕食を中華飯店でご馳走したことで無言の感謝の意!

 

やれやれ・・・。

それにしても、やっぱり「産んでおいて良かった」! のひとり言・・・。(≧▽≦)

あんがとさまでしたぁ!

 

これで今夜はぐっすり眠れるかな・・?

 

★ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それにしても、まだ九州から四国、中部、甲信越・・・へと広がってくる「雨」の脅威は注目事項。

どうぞ、これ以上の被害が広がらないことを祈るのみ! 

 

★ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

f:id:retoto:20200711222734j:plain

 

我が家のデッキに設けた「すずめ食堂」が毎日賑わっている!

朝、ちょっと餌遣りが遅くなると、デッキへの出入り口のガラス戸から姿が見えるように空中ホバリングをして朝食中の私達を覗き込むような感じで羽ばたく子たち。

ふと外を見れば、デッキの物置の上から数羽が並んで無言だけど催促の仕草!

 

まぁ、可愛いのなんの!

我が家で13年も生きた「手のりすずめのどど助」くんを思いだす。

何処にでもいるすずめ集団の中のたった一羽だった「どど助」くんは、しかし、その一羽の輝くような雀の一生を私達に教えてくれた。

野生のすずめの寿命は8か月とか・・・。

でも、ちゃんとした環境なら13歳まで生きることを証明した「どど助」。

 

餌に群がっている子たち一羽一羽が、「たった一羽の大事な命」だということを、肝に銘じて知らしめてくれた「どど助」。

 

だから、「おばた~~~ん! 早く餌を頂戴~~!」というような羽ばたきや視線を感じると、「そうかそうか! 待っててね~~!」といそいそと腰を上げる私なのだ。

 

明日の朝も、一杯上げるから待っててねぇ~!

 

 

地震!

今朝の地震にはびっくりさせられた!

少し揺れているかな・・?と思った瞬間、リビングに置いてある家人と私の二つのスマホが、ケタタマシい不協和音で二重奏。

 

ん??と身がまえた途端、今度は外の公園の公共のスピーカーから、一段と大きな音が・・・。

この「不協和音」は、何重にも不協和音を重ねて作った音だそうで、本当に何時聴いても嬉しくない!  (>_<)

 

でも、家人がベッドの足元のテレビを付けて様子を確認している傍で、何と、私はそのまままた夢の世界に・・・。

 

私は入眠が上手く行かず、毎日1時~2時まで悶々としている事が多く、従って、朝がたは眠りが深いらしい。

 

新型コロナウィルスや、水害や、突風や、おまけに地震まで・・・。

日本列島! 頑張れ!  

 

f:id:retoto:20200709194738j:plain

f:id:retoto:20200709194756j:plain

 

何か月か前に、この子達の初々しい「双葉の芽生え」を「ことども」にUPしたばかりなのに、こんな見事な実を付けてくれました!

 f:id:retoto:20200416205039j:plain

f:id:retoto:20200416205058j:plain

f:id:retoto:20200416205114j:plain

可愛いものですね!

・・・といいながらも無慈悲にも「美味しい、美味しい」と食べてしまう私って・・・。   ( *´艸`)

 

七夕さまから一夜あけて・・・

うれしい一夜の逢瀬がこのような災害騒ぎで、織姫さま達が少し可哀想・・・。

 

「素材の小路」のindex仕様も、一夜だけの「たなばた祭り Java」で。

うっかり「たなばた仕様」をindexファイルに「上書き」してしまい、後でまた新しく通常用のindex設定をし直さなくては・・・。

 

このところの日本列島は、「新型コロナ」の襲来やら、大型の水害の話題で、毎日眼を見開いてその行方を見守らなくてはいけない状態が続く。

早く平穏な日常が皆の元に戻ってくるよう祈るのみ・・・。

 

★ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

先日UPした「池袋芸術劇場」の前で撮った「before after」の写真の懐かしい洋服の「ペイント」を見て、あと、数着はこんな服を作って着ていたなぁ・・と、ちょっと探してみたが、こんな服しか見当たらなかった。

この頃は、友達といろいろお出掛する機会が多くて、自分が着る洋服になかなか手が回らなくて、「紺屋の白袴」状態だった。

これは、六本木での会で・・・。

         f:id:retoto:20200708184739j:plain

こんな寝ぼけたような画像じゃぁ・・・ちっとも楽しくないですね・・。 ( *´艸`)

小さな画像をカメラで写したので、画像が悪くてちっとも素敵じゃないけれど、これはこれで楽しく愛用したものだ。

スカートを荒縫いしたあと、円形に広げて、「江戸小紋」を染める時のように「型」(手芸用のビニールの切りぬき型)を当ててで染めていくもの。

 

まだある数着の自分の洋服の画像をどこかで見つけたらここにUPしてみたい。

この頃は、確かイギリス製だったと思うが「布ペイント用画材」を使って楽しんでいた。

    f:id:retoto:20200612211055j:plain      f:id:retoto:20200612211044j:plain

 

舞台衣装でも、こんな大胆なものを作っていた・・・。ちょっと大胆過ぎ・・(!?)

でも、実際に舞台を拝見した印象は素敵でした!!

 

水戸芸術館」でのリサイタルで、舞台の出退場や、ヴァイオリンを奏でる美しい動きに反映して、ボトムの大きな花びらが開いたり萎んだり、雌しべのパールが渋い演出をしていたものでした! (^O^)/

 

兎に角、そんなに楽しんでいたドレス作りも、意欲だけは残っているけど実際の作業がもうできない感じ。 悲しいけれどこれが82歳なのね・・・という心境。

 

でも、また何か新しい楽しみを見つけ出して生きていけたらうれしいな。

 

他の私の「ペイント洋服」の画像を探してみよう。

出てきたらまたここでUPしたい。

見つかるかな・・・?  (≧▽≦)

 

 

 

今日は「七夕」

世の中「豪雨」で大変な中でも、「七夕さま」はやってくる・・・。

 

例年通り、「素材の小路」のindexを「七夕さまの天空の華やぎ」仕様にした。

 

素材の小路  「星座」

http://www.ream.ais.ne.jp/~meme/index.htm

 

Javaを使用しているので、上手く表示されるかちょっと心配・・・。

 

 

七夕素材はこちらから  

http://www.ream.ais.ne.jp/~meme/seiza1.htm

 

 

 

 

Before after

外で雨音がしています。

昨日の水害があった熊本地方の方々はどうしていらっしゃるでしょうか。

現地もまたまた雨が降って居るようですが、どうぞご無事でありますように・・・。

 

★ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

昨日は、お二階の一家と大型店舗に食事・兼 お買い物に出かけた。

行きたいお店からお店にとショッピングすると、余りにも広いので、近来にない距離を歩いた感じ。

家人はみんなにかなり遅れてだんだん後ろの方になる。

私は久しぶりの楽しいショッピングに、心うきうきと普段の「よろよろ」が「すたすた」の感じで歩けた。 (≧▽≦)

 

でも、きっと外見はどうみても「よろよろ」だったのだろうけれど・・・。

 

 

f:id:retoto:20200705135824j:plain

先日、すずめの「どど助」の写真を取り出そうとしたら、棚からぱらりと落ちてきたこの一枚・・・。

 

もう、25年位前の私。 ( *´艸`)

 

池袋の「芸術劇場」でMEMEドレスをお召しの方のリサイタルにお招き頂いた時のもの。

私の服は、「白地に手芸絵の具で花を描いた」ワンピースに、袖だけ同じ花を描いた丈の長いコートを手に持って・・・。

 

何と、あの頃は髪の毛が黒々・ふさふさしていたことにびっくり!

今の貧弱なボリューム無しの可哀想な髪に変貌するなんて考えられなかった頃。

 

 

・・・、で、右の「Before after」の➡の婦人の方に目が行って・・・。 あらら!

今の私の歩き方と同じではありませんか・・・!

 

人生の移り変わりをこの一枚で感じてしまったことだった。

 

この方も「芸術劇場」のリサイタルに向かっていらっしゃるご様子。

痛い腰を推してもM譲のリサイタルにお出掛け下さった・・・。

そんな彼女に、あの「MEMEドレス」のご感想をお聞きしたかった・・・。

 

あぁ、移り行く人生の縮図。

 

 

 

災難

今日もコロナウィルスの罹患数が3桁。

東京は131人と、昨日の124人を大きく上廻って、先行きに気が遠くなりそう。

 

おまけに、南九州方面、主に熊本地方で水難が発生し、突然の自然の傍若無人ぶりに驚異している。

日本は梅雨時に弱いことは仕方ないにしても、もう少し何か手立ては無かったものか・・・?!

 

「記録的な大雨で広範囲に浸水被害が出た熊本県では4日、各地の避難所に多くの住民が身を寄せた」とニュースで伝えているが、実際そのような災難に遭遇した場合、どんな気持ちで過ごすのだろうか・・・?

 

今は、まだまだ続く梅雨の影響が最小限度で落ち着くことを祈るしかない。

自然は怖い!

それをしっかりと心得なくては・・と心に杭を打ち込もう。

 

被災された方々の、一日も早い復興を祈ります。

 

f:id:retoto:20200704233737j:plain