MEMEの日々のことども

日々の星屑を拾って書き残そう・・、そんな82 歳。  HP「素材の小路」「MEMEのベランダ」(裸婦デッサン等)「MEMEの便箋」「ドレスの小路」「けいの部屋」など。

人間観察モニタリング テレビ

f:id:retoto:20201021001134j:plain



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:retoto:20201020233903j:plain

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

折も折、「人間観察 モニタリング」とかいう(あ、違うかも)番組をぼーっと見ていたら、ある女子ソフトボール大会会場に私の「歯科通い」の服装とそっくりの二人が登場してきて、何やらご招待されているようで、並んで応援しているらしき様子が写っていた。

 

始球式に、よろよろとその一人が「ピッチャーマウンド」に登場してきて、観客の皆さんに「無理をしないでね!」とか、「大丈夫ですかぁ~!」などと、声を掛けられながら登場。

 

もしもし・・・!?  

そのおばあさんときたら、トイレ時にパンツを引き上げる時に、ついでにその上っ張りをパンツのゴムで巻きこんだらしく、後ろ腰のあたりが一本皺ができている・・・。

( *´艸`)誰か気が付いて引っ張ってくれないかしら・・・?と気が気じゃない。

 

そして、プレーボール!

 

・・・、と、その時!!!

その、「歯科通いのような服装のおばあさん」が、突然大きく玉を振りかぶって、びゆん~~~~!」と下手投げ!!!

その速球の威力たるや・・・!

 

上っ張りも、裂けるかと思うばかりに・・・。

みんな、ぎょぎょっ!  

 

「なに?なに?」という観客のつぶやきを尻目に、颯爽と引き上げる上っ張りの人。

 

そして、二人目の上っ張り女子・・・。

 

今度は、バッターボックスに入った、よれよれのおばあさん。

ガキ~~ン!とばかりにぶっ飛ばして、またもや会場が「ん?!  なにあれ???」状態。

 

種を明かせば、二人のおばあさんは、先輩の若い選手(?)の変装だったらしい。

 

服装と、姿勢で、こんなに変われるものだと知り、やっぱり服装には気を付けなくては・・・という「オチ」だった。

 

いやはや、本当に自分を見ているるような気がしたぞ。

 

私も、せめてその辺だけでも気を付けよ~~~っと!!!  ( *´艸`)

 

-

 

 

私にもこんな時期が・・・

f:id:retoto:20201016231124j:plain

 

こんな情けない今の私にも、ドレスをお作りする方をご案内して、日暮里中の生地屋さんを巡っていた頃がありました。

 

私の唯一の楽しみ!

日暮里中のお店の、どこにどんな種類の生地があり、ここにはこんな色がありますよ・・・と、ご案内してドレスの生地を選んで頂くのが楽しくて・・・。

 

(あ、わたし、日暮里繊維問屋街の【回し者】ではございませぬ)(≧▽≦)

 

生地を見たり、それをどんなデザインでドレスにするか・・・などを想像しながら、ご案内させて頂くのが唯一の楽しみでした!

 

お買い上げの生地(一着分が7~8メーター)をウンコラショと電車に載せ、家まで持って帰るのも何とも思わなかった!

 

そんな私が、日暮里に行かなくなってからもう、何年経つだろう・・・。

もう一度、思う存分「日暮里繊維問屋街」の、あの街並みをひらりひらりと舞い上がりながら歩いてみたい。

 

「MEMEさん~~!どこですかぁ~~!」と探される程に機敏に・・・!

 

あの頃のように・・・。

 

 

 

歯医者通いの老婆・・・の件

f:id:retoto:20201015234514j:plain



 

★ーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日、今日・・・と、歯医者通い。

下の前歯の「2」番目が、急にぐらついてきた・・・!!!

そ~っとそ~っと気を紛らわせて数日過ごしたが、やっぱり元には戻らなそう。

当たり前だけど・・・( *´艸`)

 

そこで、久しぶりに駅前の歯医者さんへいくことを決心した。

 

三か月に一回は「クリーニング」のお誘いの葉書が舞い込むのだが、いつも「見て見ぬふり」の医者嫌い。

 

何か不都合な点が気になって飛びこむと、「だ~からちゃんと定期予防で通いなさいといってるでしょ?」とおとがめの一言を頂戴する・・・。

 

だって~~~!  医者通いは何より嫌いなんだから仕方ないでしょ?

・・・と、心の中で自己責任を自認する。

 

ところで、歯医者さんまでは40m位の近さなのに、なんと、その遠く感じられる事よ!

もう、完全に「老衰」の域に突入しているのを実感!  (≧▽≦)

 

いやいやながら行くせいもあって、その辺のくすんだ色合いの洋服を適当に着て出かけたら、何と! 歩く内にスカートがズルズルと下がってきて、やだ! これじゃ

「長袴」!

10月1日に衣替えをしてから一度も着ていなかったので、去年より5~6Kgは痩せた分が影響しているのかも・・・。

 

この場に及んでは、今にも靴に絡まりそうな位ずるずる落ちてくるスカートがニクイ。

本当は、「わ~い! 痩せたぞ~!」となるところだけれど、今はその時ではない。

 

おまけに、今まで素足にサンダル・・といういでたちだったのが、そうも行くまいとストッキングなるものを履いて、しかも、普通の固い革靴・・・ときた。

これがまた凄いことになったのだ!

一足 一足毎に、踵がずるりと抜ける!

つまり、一足毎に「ガホ ガホ」と大きな音を立てながらの行進!!!  (;_:)

 

どうして私ってこうも「靴」に悶着されるのだろう・・・。

 

たった、ほんとにたった40m程先の歯医者に行ってきただけで、どどっ!!と疲れ果てた「老婆 MEME」だった。

 

追記は明日書きましょう・・・。  ( *´艸`)

 

 

 

 

「はてなダイアリー」さんのサービスで二年前掲載の画像が帰ってきた

f:id:retoto:20181101185353j:plain

 

f:id:retoto:20191017234456j:plain

 

f:id:retoto:20181101165424j:plain

 

 

f:id:retoto:20181101184459j:plain

 

 

f:id:retoto:20201013215746p:plain

 

デッサン会を辞めてからもう何か月になるでしょう・・・。

やっぱり懐かしい・・・。

 

f:id:retoto:20171207190153j:plain

 

f:id:retoto:20171208145842j:plain

 

 f:id:retoto:20181018162819j:plain

 

 

 

f:id:retoto:20181018165225j:plain

 

f:id:retoto:20180908231140j:plain

 

f:id:retoto:20180906172037j:plain上のクロッキー

 

モデルサンをお呼びしなくても、写真を見て描けば良いのでは・・・?というのは完全に ×

目の前に「立体的に」存在してくれるモデルさんを描かなくては、全く勉強にはならない。

遠近がぺラリとした一枚の写真になってしまったら、もう、勉強の余地はない。

こちらに向いた足の、ほんの僅かな角度が違うだけで、大きさや長さが違ってくる。

遠近の捉え方が本当に勉強になる。

 

でも、もう終わったこと・・・。

 

今日、もう一度眺めてみて、修正したい部分があちこち出てきたけれど、これはこれ、もう楽しむだけにしよう。

 

振り返らせて下さり、ありがとうございます! 「はてなダイアリー」さん。

 

 

額  

f:id:retoto:20201011191855j:plain

額画像に貼りつけて使用も。

 

f:id:retoto:20201011192010j:plain

 額の中を透過して画像に被せても。

 

f:id:retoto:20201011192155j:plain

全体を透過してこんな用い方も・・・。

 

f:id:retoto:20201011165059j:plain

「おじいちゃん、早く帰ってこないかなぁ・・・」窓越しにじっと願うルリ。

 

f:id:retoto:20201011165225g:plain

この額は、真ん中の空白部分をGIFで透過していますので、手持ちの写真等の画像に被せて使えます。

 

f:id:retoto:20201011173559g:plain

 

f:id:retoto:20201011173633j:plain

 我が家のバラ

 

f:id:retoto:20201011192245j:plain