MEMEの日々のことども

日々の星屑を拾って書き残そう・・、そんな82 歳。  HP「素材の小路」「MEMEのベランダ」(裸婦デッサン等)「MEMEの便箋」「ドレスの小路」「けいの部屋」など。

昨日の続き

やっと人心地が付いた今日の午後。

事の起こりは、3日の朝「三か月に一度の通院予約日」だぞ・・と目を覚ましたとたん、「ぐらぐらぐら・・・」と最大級の目回りくん!  (゚д゚)!

こりゃ、病院に出かけられないかも・・と焦った。

三か月に一度、もう、26年間もお世話になっている柏のがんセンター。

(手術後に悪性では無かったと診断されたけれど、切除後のケアと薬は絶対欠かせないヒトなので、三か月に一度は通い続けている・・・)

その、大事な予約日なのに、さ~て困った!

それでも家人に支えられながら、今にも「オエッ」となりそうな気分の悪さを何とか我慢して予約時間に病院に辿り着いたことだった。

実はこの日は、前回、主治医に重大なご相談を提案したこともあって、そのこともお話したかったので、何としても先生にお目に掛かりたかったのだ。

(送り迎えしてくれる家人が免許証を返納するし、私も老齢になったので、薬は近所の医院で頂けないでしょうか?という提案)

 

 

そんなこんなで、「重大なご相談」も言いだしかねて・・の結果になってしまった。

今まで通り、車で40分掛かる通院を続けることに・・。

 

看護師さんに「車いすに乗って下さい」と言われてしまい、ついに「車椅子」に。

30年程前にもやはり「眩暈」で車いす生活をしたことがあったが、それ以来・・。

 

手術を担当して下さってから26年間、ず~~~っと見守って下さる有りがたい優しい先生が、よれっている私に、キツくおっしゃった!

「こんな状態の日には、無理をしないで朝連絡をくれれば、別の日に変更できるのだから、絶対無理をしないでくださいね! 」と・・。

 

そして、めまいについては「どこか近くの病院で直ぐにMRIを撮って貰ってください! 直ぐにですよ!」と・・・!

その日は、ほうほうの態で帰宅するのが精一杯・・・。

 

翌日、早速ある病院に駆け込んで「MRI]を撮って貰ったことだった。

その間も、「車いすのヒト」。

 

その結果は、「頭の中は綺麗」だそうで、頚椎の首部分に欠損が見受けられるので気を付けること・・位で、ほっとした迄は良かったけれど、ついでにおこなった他の検査結果に「どひゃ~~!」!!!

 

つまり、私の「骨密度」の値が、なんと!  「102歳」ですって!

「身体疲労度」やいろいろも、かなり「おばあさん値」!!!

 

いやいや、参りました!!!  (-ω-)/

 

これは、また5月に行くことになっているがんセンターの先生とご相談して、薬の調節をして頂くしかないでしょう・・・。

甲状腺ホルモンの薬の調節は、微妙も良いところで、ちょっと足りないと「再発している良性腫瘍がどんどん大きくなる」し、ちょっと多いと、「頭の毛がごっそり抜ける」し、まぁまぁ面倒くさいこと・・・!

その、ヤジロベェのような微妙な調整で今の私が成り立っているのだ・・・。

 

その、甲状腺ホルモンが「骨密度」を操っていることは先刻ご承知。

だから、親愛なる主治医の先生にご相談するしかないのだ・・・!

 

やっぱり、ちょっといい気になって「26年も通ったのだから、そろそろ近所のお医者さんのところでお薬を・・」などと思ったのが間違いだったようだ。 (>_<)

 

などなど、「どひゃぁ!」な出来事ではあった「102歳」おばあさんの嘆き事でした!

 

気が付かなかったけれど、この2・3日の気候のざわめきは凄まじいものがあった!

そうだ!

「眩暈」は、その「気候病」だったのかも・・・。  ねっ  納得! "(-""-)"