MEMEの日々のことども

目標= 「HP素材を作成提供すること」(素材の小路)、「舞台ドレスを製作すること」(ドレスの小路)、絵「デッサンの実力のを極めること」(MEMEベランダ)、「電子書籍の発表」(MEMEの車中ウォッチング・パブー)などなど、まだまだやりたいことが山積! 80歳からの余生を如何に色濃く生きられるかが自分に課した課題。 それにはまず、体調を保持していかなくては!と願っている。  そんな「日々のことども」

人間ウォッチング 私編(2)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー       
       ダブル     (私の20年前の出来事)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近々息子一家とスキーに行こうかという計画が・・・。

それには色々細々としたものも買いたいし・・ということで、息子一家と近くに開店した大型アウトレット店に見に行く事になりました。

「わ〜っっすご〜い!なに!この広さ!」などど、店舗の広さと品数の多さに度肝を抜かれながら奥へと進む。

と、目に飛び込んできたのが「1,980円」の数字。(バーゲンには良くある数字!)

なんと、あったかそうなスキーウェアの上着・・・。

よ〜くみると、見るからに派手派手なものが並んでいます。

自分が着るにはまさか・・と思える派手な色合いながら、それにしても、「1,980円!」(この数字に魅せられてしまう私)

「ねぇねぇ、私がこんな色着たら、恥ずかしいかしら?」

ショッキングピンクのゲレンデコートを手に取りながら念の為言ってみる。

「あ、いいかも!。ゲレンデで迷子になっても、すぐ分かるから」と息子。(このぉ〜!)(-ω-)/

「そうそう、お年寄りは綺麗な色を着たほうが素敵ですよ」とママ(息子の連れ合い。今後彼女の事はこう呼びます)。

ショッキングピンクに黒のリボンが縫い付けてあるウェアは見るからに手間が掛かっている仕上げで、息子達が恥ずかしくないのなら挑戦して着てみようかな?という気になってきた。

「サイズ、サイズ。あ、<0>ってな〜に?」
「<0>って、LLサイズと同じですよ。」
「あらぁ〜。それじゃ、私でもダイジョウブネ!」
「ちょっと着てみたらどうですか?」
「よぉ〜し!!」

早速袖を通してみました。
おっ!入った入った!お〜!、素敵ジャン!
ウェストがゴムで絞ってあるデザインに、初めて気が
つきました。

取り敢えず体は入ったし、若若しい色だし、ゲレンデでうろうろ歩き廻る(滑る・・ではない!)のには凄く素敵かも〜〜〜〜!  (^O^)/!

なにしろ、「1,980円」ジャン!

「あ、これ、まともだと 50,000円の値札がついていますよ!」とママ。

おぉ、何と言うお買い得!それが「1980円」だぞ!  
もう、私の目は血走ってきました。

同じウェアが3枚並んでいます。
この安さだもの、売れないうちに買っておこう!と、レジに持って行こうとしたら、
「後にしたら?こんなド派手な迷子用のウェア、おばあちゃん以外買う人はいないから、今シーズンが終わる頃まで絶対に売りきれないよ!」と息子。

何てことをいうの!と睨み付けながらも、心はうきうき!
「もう一度着てみる〜!」
と、・・・。
何だかスナップが何じゃらかんじゃら余計有り余っているのに気が付きました。
ん?
お腹のあたりを掻き分け掻き分け、よくよく見てみたら、な、なんと、このデザインは、「ダブル」なのでした!!
私としたことが、ダブルをシングルにして着ていたのでした!
道理でお腹が収まった筈だわ・・。

がびょ〜ん!

でも、でも、幸い私には、「洋裁」の腕が!  ('◇')ゞ
後見ごろのウェストのゴムを取り外せばちゃんと着られますわイ!

「50,000円が1,980円」!
普段着れないショッキングピンク!

誰になんと言われようと、さっさとレジに向かったのはいうまでもありません。


【重要な後日談】

結局、一度も手を通さずに20年後の先日、断捨離で捨てましたぁ〜!  "(-""-)"






.