MEMEの日々のことども

余生の日々を何で埋めていくか・・。 それが今の一番の関心ごと・・・。 願わくば「わくわくする」ことを拾って日々を埋めていきたい。 「HP素材を作成提供する」(素材の小路)、「舞台ドレスを製作すること」(ドレスの小路)、「デッサンの実力を極めていきたい」(MEMEのベランダ)、「電子書籍の発表」(MEMEの車中ウォッチング・パブー)などなど、まだまだやりたいことが山積! 80歳からの余生を如何に色濃く生きられるか・・が自分に課した課題。 それにはまず、体調を保持していかなくては・・と願っている。

ルリちゃんが・・

昨夜1時半頃、私のベッドに入って来たルリちゃんの様子が、何だか普通と違うのに気が付いた。

彼女は前から度々呼吸が変になることがあったが、今回の異変も同じように寝入りばなの時間帯・・・。
呼吸が微弱になったり、止まった感じになったり・・、彼女が小さいころには、びっくりして人工呼吸のような事をしたこともあった。


その症状は暫くすると落ち着くのだが、行きつけの動物病院の先生に相談したら、「変なところは見当たらないし、このまま何もしなくても大丈夫です」とおっしゃる。


・・・とはいっても、ぐったりしているように見えるルリちゃんを抱き上げて、この先どうしたらいいだろう・・とおろおろして彼女の様子を見守るしかないのは本当にストレス・・・。


しかも、呼吸がおかしくなるのはず〜っと継続してではなく、時々なので、様子が気になってずっと付き添っているうちに目が冴えてしまって、結局寝たのは明け方・・・。

そんなこんなで、今日は一日中眠くて眠くて・・・。



あ、ルリちゃんは元気にお散歩に出かけたり、いつもと変わらずの一日を過ごしていた。

・・・、あれは一体、なんだったんだろう・・・!!!!




交感神経と副交感神経が入れ替わる時間帯に体調がおかしくなるのだろう・・と診断されえたことがある私。
夜中に心臓がバクバクして息苦しくなったり、お腹が痛くなったり・・・。


時々起るこの「発作」(?)の説明がそうだった。


ルリちゃんのこの異変も、そんな理由なのだろうか・・?


やれやれ、心配で胸が潰れそうな一夜だった。

近日中に、もういちど先生に診てもらおう。





.