MEMEの日々のことども

余生の日々を何で埋めていくか・・。 それが今の一番の関心ごと・・・。 願わくば「わくわくする」ことを拾って日々を埋めていきたい。 「HP素材を作成提供する」(素材の小路)、「舞台ドレスを製作すること」(ドレスの小路)、「デッサンの実力を極めていきたい」(MEMEのベランダ)、「電子書籍の発表」(MEMEの車中ウォッチング・パブー)などなど、まだまだやりたいことが山積! 80歳からの余生を如何に色濃く生きられるか・・が自分に課した課題。 それにはまず、体調を保持していかなくては・・と願っている。

くちなしの実

昨日のデッサン会で、友人が庭に実った「くちなしの実」を沢山もってきてくださった。
初めてみる「くちなしの実」・・・。

こんなに綺麗なのね・・・!

栗きんとんの色付けや、パエリアの色付け、など、食用に使われるとのこと。
一枝だけ頂いてきた。

さてさて、今、今年最後のドレスに取り掛かっている。
濃紺のインドシルク。
ブダペストに留学中のお嬢さんのところに年末に訪れるので、その時に持参したいとのこと。
今までもドレスをずっとお作りしてきた方だけれど、今回は、「伴奏用」のドレスが必要になったとかで、シルクの濃紺で作っている。



これが済んだら、年末のお掃除が始まるぞ!!
毎年、年末ぎりぎりまで仕事をしていて、大掃除がいつも疎かになっている我が家。
「べ〜つにぃ〜、今日の続きの明日が新年だと思えばがたがたしなくても・・・」と自分に言い聞かせているものの、やっぱりすっきりと新しい年を迎えたい。

今年は出来そうだぞ!

まず、「捨てられない人」を卒業して、断捨離を決行しなくては・・・。
年代がそうさせるのか、どうも「捨てる」のが苦手!
自分のお洋服でも、サイズが合わなくなれば、すかさず幅出し(幅詰めはまず無い!!!)を実行し、まぁまぁ、何年着ているの?という大昔の服を着ている。

今や、新しいお洋服でもお安く手に入るけれど、まず、私のサイズに合う服が少ない・・ということもあるが、何より、「自分の服は自分で作りたい!」という気持ちが強いながら「紺屋の白袴」状態で、なかなか自分の服にまで手が回らないのが実情。
だから、「幅出し」専科!  (~_~;)


自分でも呆れるほど「生地」は貯め込んでいる・・・。
生地屋さんで見る生地は、即座に「こういうデザインにすると素敵!」と、頭の中でイメージしてしまうので、そそくさと買ってしまう。
・・・で、「いつか・・・」で押し入れに・・・。


うんうん唸っているパンパンの押し入れの生地を横目に、「幅出し!幅出し!」と精を出している自分。
あ〜、情けなや。 =^_^=


何とかしなくては!!!