MEMEの日々のことども

目標= 「HP素材を作成提供すること」(素材の小路)、「舞台ドレスを製作すること」(ドレスの小路)、絵「デッサンの実力のを極めること」(MEMEベランダ)、「電子書籍の発表」(MEMEの車中ウォッチング・パブー)などなど、まだまだやりたいことが山積! 80歳からの余生を如何に色濃く生きられるかが自分に課した課題。 それにはまず、体調を保持していかなくては!と願っている。  そんな「日々のことども」

尖閣諸島周辺のきな臭い動向

・・・沖縄・尖閣諸島沖で中国の漁船と日本の巡視船が衝突した事件で、那覇地検は24日、逮捕した中国人船長を処分保留で近く釈放すると発表した。・・・
というニュース速報にびっくり!






http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20100924-00000020-fnn-pol



★ 尖閣諸島漁船衝突事件 中国人船長の釈放決定受け、政界からさまざまな反応
フジテレビ系(FNN) 9月24日(金)18時1分配信




海上保安庁の巡視船と中国漁船が尖閣諸島付近で衝突した事件で、那覇地方検察庁は24日午後、拘置していた漁船の船長を処分保留のまま、釈放することを明らかにした。
中国人船長の釈放決定を受けて、政界からはさまざまな反応があがっている。
仙谷官房長官は「私自身は、粛々と国内法に基づいて手続きを進めた結果、ここに至ったと理解。(この結果によって、違法操業が増えるかもしれないリスクがあるが?)逮捕されるかもしれないリスクも、(中国側が)お感じになるのでは?」と述べた。
自民・谷垣総裁は「国内法に基づいて粛々と、ということになると、今度の処理はふに落ちない。腰砕けになったのではないかというような反応が出てくる」と述べた。
自民・安倍晋三議員は「誰が見たって、中国のさまざまな圧力に対して、政府がそれに屈した。明らかじゃないですか。これは間違いなく、間違ったサインを中国に送ることになってしまいます」と述べた。
みんなの党の渡辺代表は「ここまで明白な外交的敗北で解決するというのは、開いた口がふさがらない。腰砕け釈放をやってしまった。これは説明責任の中で映像を公開すべきだと思います」と述べた。
社民・福島瑞穂党首は「この件につきましては、那覇地検の判断を尊重するしかないと思っています。関係諸国ときちんと協議をしたうえで、再発防止の必要があると思います」と述べた。
また、馬淵国交相は「検察当局が判断したこと。国土交通省としては、粛々と警備にあたる」と述べた。
民主・松原 仁議員は「どう喝を加えれば、日本がいいなりになるという間違った中国に対して認識を与え、日本の国益を重視する立場から、極めて残念」と述べた。
柳田法相は「検察当局の被疑者釈放決定の後、(公式)発表の前に、私は報告を受けた。指揮権を行使した事実はございません」と述べた。
民主・岡田幹事長は「地検の判断というものは、尊重されるべきだというふうに考えます」と述べた。


・・・・・・FNNより借用